2.5次元ニュース

2ちゃんねる,2ちゃん,2ch,ニュース,まとめ,ニュー速,VIP

  • Twitter
  • RSS
    美少女秘境ファンタジア オンラインゲーム


    批判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nanjoulive01


























    声優・南條愛乃さんが今回のライブの件についてツイート「抽選・席順においての選定・操作は一切ありません」「前の方の席にも男性のファンの方が座っているのも見ています」

    南條愛乃/ 東京 1/3650(初回限定盤CD+Blu-ray×3)南條愛乃/ 東京 1/3650(初回限定盤CD+Blu-ray×3)
    南條愛乃

    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-07-21
    売り上げランキング : 46

    Amazonで詳しく見る by AZlink
    【ラブライブ!などで有名な声優:南條愛乃さん、ライブで男性差別をして炎上!?ラブライバーやファンが大発狂中wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 発狂くんφ ★ 2013/06/27(木) 15:30:48.43 ID:???0
    エキサイトレビュー 2013年6月27日 11時00分 (2013年6月27日 15時02分 更新)

    ホリエモンが「声優って実際そんなにスキルいるんかえ?って身も蓋もない話もあるし。」なんてツイートをして波紋を呼んだ。
    宮崎駿監督も、そんなふうに思っているのだろうか?

    宮崎駿監督は、プロ声優をあまり使わない。
    最新作『風立ちぬ』、主役の声を担当するのは庵野秀明だ。
    庵野秀明は、声優ではない。
    『新世紀エヴァンゲリオン』『彼氏彼女の事情』等のアニメ監督だ。
    なぜ? なぜ庵野秀明?

    劇場用アニメーションでは、ときどきプロの声優ではない有名人が起用される。
    「話題作り」というヤツだ。
    有名人が、どんな作品なのか語り、「声もがんばりました」とか言って、ワイドショーに取り上げられる。そのために登場する、というヤツだ。
    金メダルをとったオリンピック選手が、まったく必要のないキャラでヒトコトだけ発するなんてケースもある。興ざめなのでやめてほしい。
    だが、宮崎駿作品のケースはそうじゃない。
    『風立ちぬ』の庵野秀明は主人公の声である。
    話題作りでちょいと、ってレベルじゃないのだ。

    『となりのトトロ』のおとうさんの声も、プロの声優ではない。
    糸井重里。コピーライター、「ほぼ日刊イトイ新聞」の人だ。
    これまた、ちょい役ではない。重要な役どころだ。
    『ジブリの教科書3 となりのトトロ』には、「どうして糸井重里がとうさん役に抜擢されたのか」が詳しく描かれている。

    音響監督・斯波重治のインタビューによると、最初はプロの声優を使うつもりでオーディションもしていたらしい。
    だが、宮崎監督はそのテープを聞いて、こう答える。
    「やっぱり普通のお父さんになってしまいますね」

    >>2-4あたりに続きます

    http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=1
    http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=2
    http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=3

    【【芸能】宮崎駿、声優について「女の子の声なんかみんな、『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す。あれがたまらんのですよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ギコ(埼玉県) 2013/06/17(月) 17:15:28.71 ID:24WQEWdgP BE:527816232-PLT(12001) ポイント特典
     イケメンシェフとして人気の川越達也シェフが「年収300万円、
    400万円の人が高級店で食事するのはおかしい」という趣旨の発言をした問題がネット上で批判を巻き起こし、
    17日放送のフジ系「とくダネ!」でインタビューを受けた川越シェフが「生意気でした」などと謝罪した。

     問題の発言は、川越シェフが代官山で経営するイタリア料理店「タツヤ・カワゴエ」で食事をした人が
    「水一杯で800円取られた」とクチコミ・グルメサイトに書き込み、ネットが炎上したことで昨年、情報誌の取材を受けた際のもの。

     ネット上のクチコミに関して「くだらないです。何を分かって書いているのかと思いますね。人を年収で判断してはいけないとは思いますが、
    年収300万円や400万円の人が高級店に行って、批判を書き込むこともあると思うんです。
    でも、そこまでの店にしてきた企業努力や歴史はあなたには分からないでしょ」と答えたことが、「貧乏人は高級店に来るなということか」など批判をかき立てた。

     この日の「とくダネ!」ではそんな騒動に対して「僕の中で一般的なお客様の層を表現した言葉があの形になったんですけども、
    数字で表現してしまったことは本当に誤解を招いてしまい、申し訳なかったと思っています」と発言の真意を説明しながら謝罪した。

     その上で雑誌の取材に対する発言を「僕も調子に乗ってテンション上げて話した記憶はあるんです。活字になって、
    『あ~やり過ぎちゃったかな』と反省しています」と振り返り「全部、僕が悪いんです 生意気でした 反省しています」と頭を下げた。

     17日朝の公式ブログでは「この度『活字問題』でご心配をおかけしました」と記し、「改めてネット社会、情報社会、
    雑誌での活字が独り歩きしていく怖さを痛感いたしております」と自らの発言が誤解された部分を強調した。

    デイリースポーツ 6月17日(月)12時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000031-dal-ent

    photo_2


















    【川越シェフ 「ネット社会恐ろしすぎる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: れいおφ ★ 2013/06/17(月) 10:50:14.66 ID:???0
    6月16日、ホリエモンこと堀江貴文さんが『Twitter』にて
    「声優って実際そんなにスキルいるんかえ?って身も蓋もない話もあるし。」と発言、波紋を呼んだ。

    ホリエモンは現在、岡田斗司夫さんと一緒にアニメを作ろうとしており、
    その過程を『ニコニコ生放送』や『Twitter』などで公開している。
    ホリエモンや岡田さんによれば、作品に出演する声優については、この企画に1万円を出資してくれた人
    からオーディションをするという。
    声優スクールにお金をとられるより、1万円でオーディションの権利を買って、ダメでもこのアニメのDVD等
    がもらえるのでリーズナブルとのこと。

    しかし、アニメの制作関係者とみられるツイッターユーザーがホリエモンに対し、
    養成所は何十万もかけてるけどアニメを作ろうは一万円だからお得、というのは違うように思います。
    声優の卵が養成所にお金を払って通ってるのは己のスキルを上げる為であって、
    オーディション費用ではありません。まともなオーディションで費用がかかることはまずありません。
    とツイートした。

    そして、それに対してホリエモンは冒頭のツイートで返信したのに続き、
    真面目にやってる人達には悪いけど実際売れてるタレントさんには常に声優のオファーはあるんだよね。
    俺にすらあるからw 養成所に入ってスキルあげなきゃってのは悪い意味での日本的真面目さなのかなと。
    有料オーディション通いまくる自己流でトレーニングの方が場数踏めたりしてね。と語った。

    これを受けて、アニメ『彼氏彼女の事情』や『エンジェリックレイヤー』で主役を演じた声優の榎本温子さんは
    「声優って実際そんなにスキルいるのか?と聞かれれば、ものすごいいる。匠の世界だよ。」
    「もちろんいろんな現場があるし、最初からみんなうまいわけじゃない。でもね、一言発するだけでそれが芸術
    になるような、人間国宝みたいな人がたくさんいるって私はそばで見てきて思うよ。分かれとは言わないけど、
    バカにされると悔しい。」

    >>2以降に続く)

    http://getnews.jp/archives/361739

    堀江貴文(Takafumi Horie) @takapon_jp
    https://twitter.com/takapon_jp/status/346104198288531457

    no title















    【【芸能】ホリエモン「声優ってそんなにスキルいるの?」発言が波紋・・・人気声優「分かれとは言わないけど、バカにされると悔しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ