2.5次元ニュース

2ちゃんねる,2ちゃん,2ch,ニュース,まとめ,ニュー速,VIP

  • Twitter
  • RSS
    美少女秘境ファンタジア オンラインゲーム


    診断

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ターキッシュアンゴラ(dion軍) 2013/05/26(日) 10:43:22.99 ID:28qI+8bS0● BE:1685815283-PLT(12001) ポイント特典
     長時間労働を課して残業代を支払わない、暴言やパワハラを繰り返して退社に追い込む…。
    そんな過酷な労働を強いる「ブラック企業」が問題化している。
    入社後、心身のバランスを崩して職場から長期離脱するケースも少なくない。若者の早期離職の一因とも言われるが、
    労働実態を就職前に見抜くのは至難の業だ。一方で、ブラック企業のレッテルを貼られてしまいダメージを受ける企業も出ている。

    ブラック企業の違法行為に気づけるよう、厚労省が開く労働法の出張説明会に若者が参加するなど、
    自衛の動きが出る一方、ブラック企業と認定されてしまい打撃を受ける企業もある。

     企業の評判や管理などの相談を受け付ける「ネクストリンク」(東京)には、ネットで“ブラック認定”された企業からの相談が多く寄せられている。
     情報の発信源は、会社の労働条件や人材育成に不満を持つ社内関係者であることが多く、「悪評が立ったことで必要な人材が集まらなくなり、
    業績を伸ばせなくなるケースも出ている」と同社の大和田渉社長(32)は懸念。
    取引先が悪評を気にして取引をやめたり、売り上げ減になったりする例もあったという。

     大和田社長は「企業はブラックのレッテルを貼られないよう予防策を講じることが必要になってきた」と指摘。
    「誠意を持って労働環境を整備していけるかは人材を確保し、事業戦略を描く上でも重要になる」と指摘した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000512-san-soci

    ocjtyxkhc1pqck7cde3j




















    【【絶望】ブラック企業、若者が自衛で必要な人材が集まらず・・絶望の状況発生へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: yomiφ ★ 2013/05/17(金) 12:29:36.96 ID:???
    no title


    アニメやアイドルが好きなことを公言する芸能人・タレントの方もたくさん出てくるなど、
    「オタク」という言葉は以前よりも随分メジャーになりました。
    でも、「オタクっぽい」ってどこからが「オタク」でどこからが「一般人」なのでしょう?
    今回「アニ☆ドル」では、独自にアンケートを実施し、その境目を調べてみました。

    オタクと一般人それぞれ同数程度から回答をいただき、あわせて
    「あなたはアニメ/アイドルのオタクですか?」という質問をしています。
    その結果は次のとおりでした。
    ・あなたはアニメオタクですか?
    no title

    ・あなたはアイドルオタクですか?
    no title


    ■アニメオタクのボーダーラインは「気に入ったBD/DVDを全巻持っている」こと

    「気に入ったアニメはBD/DVDを全巻持っている」
    「コミケにいったことがある」
    「好きなアニメキャラのコスプレをしたことがある」の3つが、
    それぞれ、3分の2を超える大多数の方の支持があり、
    めでたく「ボーダーラインの向こう側」であることがわかりました。
    no title


     一方で、一般の人だけに限って集計すると、「BD/DVDを持っている」については、
    「オタクっぽい」と答えた人は56%にすぎないという結果になりました。
    つまり、オタクの人が思うほどには、一般の人は「BD/DVDを買うこと」がオタクっぽいと思っておらず、
    どうもこの辺りがボーダーラインと言えそうです。

    ■アイドルオタクのボーダーラインは「振り付きで歌える」こと

     アイドルについては「アイドルの曲を1曲以上振り付きで歌える」ことがオタクっぽいと答えた人が
    57%でした。一方で、カラオケやパーティーの出し物としてやる場合と、
    特定のアイドルの曲にヲタ芸で完全についていくような場合とでは受ける印象が全然違うように、
    どんな曲をどんな振り付けで歌うことができるのか、作品や年齢・性別によって、
    オタクかそうでないかの意見が分かれる可能性があります。
    アイドルオタクと一般人のボーダーラインはアーティストごと、年齢/性別ごとにより深く調べてみる
    必要がありそうです。
    no title


    一方で、「アイドルの握手会に行ったことがある」「好きになったらコンサートツアーを全国回るのは当たり前だ」は
    完全に「ボーダーラインの向こう側」と言えるでしょう。ところで、ライブやコンサートといえば、
    つきもののサイリウム(ライブ・コンサートなどで使われる発光する棒)ですが、
    これを知っている人をオタクだと思っている人は全体の30%に過ぎないという結果になりました。

    ■オタクの世界はまだまだ深い。

    アンケートと同時にフリーコメントもいただきました。
    ・「握手会・振り付きで歌うがボーダー。全国回るのはガチオタ」(10代・女性・アイドルオタク)
    ・「BD/DVDはどんな作品を買うのかにもよる」(30代・女性・非オタク)
    ・「ライトオタクとオタクも違うと思います!」(20代・男性・アニメオタク)
    ・「マニアとオタクの境界線も知りたいかな」(40代・男性・非オタク)

     一口にオタクといっても、作品や、見方によって違いが分かれることや「ライトオタク」「ガチオタ」
    「マニア」など、オタクの中でもさらに何段階にも分かれるようです。どんな世界にも上には上がいるものですが、
    何段階ものボーダーラインを踏みこえて、より深みにはまっていくことで、新しい楽しみに出会えるのかもしれません。

    http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/trendnews/2013/05/or-1.html

    【【調査】オタクor一般人? 「ここからがオタク」のボーダーラインを検証】の続きを読む

    このページのトップヘ